風俗であった恐怖体験

悠々自適な生活の中での風俗

自分はもうリタイヤ生活です。それまで馬車馬のように働きましたし、投資にも成功。実は不動産もいくつか持っていて、後はその家賃収入だけで良いかなって。株式もあるので、さすがにもう働かなくてもいいというか、むしろそれなりに楽しい生活を送りつつも働かない生活が送れるだろうなって思ったら、仕事へのモチベーションなんて高まる訳がないじゃないですか。だから毎日まったりと暮らしていますし、風俗のお世話になることも多いんですよ。時には女の子といろいろなことを楽しみたいって気持ちにもなりますしね。働かない生活はストレスも溜まらないのでとってもありがたいんですけど、でも時には女の子と遊びたいなって気持ちにもなるんですよね。そんな時にはやっぱり風俗が一番かなって。彼女とか恋人とかだと、結局いろいろと時間の工面をしたり、自分の財産を…とか猜疑心が出ちゃうじゃないですか。でも風俗嬢相手であればその必要もないですしね。

自己責任だからこそとことん!

風俗は自己責任です。そのくらい言うまでもありませんので、自分でもがっつりと楽しめればそれで良いかなって思っています。特に思うんですよ。風俗って選択肢が幅広いというか無数にあるじゃないですか。ということは、自分がどういった形で楽しむのかもまた、自由なんです。ということは、誰かのためにとか、誰かに何かを言われるかもしれないとか考えるのではなくて、あくまでも自分のために風俗を楽しめればそれでいいんじゃないのかなって。事実、風俗は自分で言うのもなんですけど、常に突拍子がないというか、その時の気分によって全然違う気持ちになりますので、自分に正直な気持ちを持って楽しむようにしています。そのくらいで十分というか、むしろ力む必要もないと思いますので、自分が楽しみたいように楽しむ。それで十分なんじゃないのかなって思います。だからこそ、風俗はより一層、もっともっと楽しみたいなって気持ちになるものでもあるんです。