風俗であった恐怖体験

那覇のヘルスでは貪欲は悪くないですよ

相手に対して貪欲になることは日常生活では格好悪いとか、必死だねと揶揄されたりもしますけど、でも那覇のヘルスでは決して悪いことではないというか、むしろとっても素晴らしいことなんじゃないのかなって思いますけどね。
ヘルスで相手の女の子に対して必死になったりどん欲になるのは決して悪いことではありません。むしろそれによって、自分でも思わぬ時間を過ごすことが出来るかもしれないんです。刺激という点ではヘルスでは常々新しいものを得たいと思うのはよく分かる話だと思いますので、どん欲になることこそ、満足感を得るためにはとっても大切なことでもあるんじゃないのかなって思いますよ。
むしろ貪欲にならずに、斜に構えて「相手次第だから」なんて格好つけている方が勿体ないんじゃないのかなって思うんですよ。せっかくの那覇のヘルスで遊ぶんです。誰かのためにとか格好つけるためじゃなく、快感のために正直な自分になって女の子と向き合うべきなんじゃないですかね。

那覇のヘルスを貪欲に楽しむにはまず下調べから始めることが大切ですね

ヘルスでは視点を変えてみることで見えることも

いつも同じ角度から見ていたら、何だって同じに見えてきちゃうものじゃないですか。風俗でもそうですよね。いつも同じような女の子ばかり指名していたら、いずれはその系統の女の子に対してじゃなく、風俗そのものに対してのマンネリ感に繋がってしまうんじゃないかなって思うんです。それはとっても勿体ないことなんじゃないかなって思うんですよね。自分も那覇のヘルスでその感覚を経験しました。
だから今では那覇のヘルスでは毎回似ていない子と言うか、いつも違うタイプの子を指名するようにしているんです。前回色白巨乳だったら、次はギャル系の微乳とか(笑)自分の好みってそうそう変わるものではないので、こうして自分の好みとは違うタイプの女の子を指名してみることで、改めて見えてくることもあるんですよ。
それに、こうしていろんなヘルス嬢と楽しむことによって、毎回違った気持ちになれるんです。常にこうして女の子を見る視点を変えてみることによって、自分にも大きな刺激が得られるんじゃないかなって思っています。